FC2ブログ

Latest Entries

開講はまだか

9月からの受講申し込みをしました。
次は法人税法いきます。
ここからが本番といったところでしょうか。

早く生活にメリハリをつけるため開講してほしいです。

というわけで、
今日から開講まで感覚が鈍らないように
簿記の総合問題を再開しました。

が、感覚というかスピードがかなり落ちていましたね。

一応、スピードには自信があったので
予備校の模試なんかでも
第1から第3問通して
捨てである最終値系以外はだいたい埋めることが出来て
解き切れないということは少なかったです。

ですが、講義で何回も聞く、
『簡単(そう)なところから手をつける』
というセオリーを無視して
去年まではどんな問題でも順番どおりにやってました。
商品系にはまり込んでしまって時間を浪費して
簡単な論点に着手できないで得点伸びずのパターン。
これじゃあダメですよね。
折角高い受講料払ってるのに、我流なんですから。


基本に忠実、やはりこれは大事です。

・最初に問題全体に目を通す(素読みってやつです)
・キーワードや区切りごとにマーカー
・簡単そうな所から手をつける
(具体的に言うと第3問なら賞与引当金です(笑 )
・論点ごとに解き方(メモ書き)を固定する(例:社債なら線表)
・問題はよく読む
・時間配分は守る

なにより簡単なところから手をつけることによって
時間を空けずに答えを書くことができて精神的にも安定しますし、
着手できる量が増え、得点も伸びました。








今日から夏休み

試験の翌日以降も生活のリズムを乱さないように
いつもの時間に起きていますが
DVDを観たりとダラダラしています。

ですが、勉強しないと一日が永く感じるのと
なんだか落ち着かないので(笑)
来年度の予定を考えようと思います。


うちは嫁もフルタイムの共働きで幼児が2名います。
仕事、家事、育児、どれかおろそかにすると
嫁にばかりに物凄い負担がかかってしまいますので
早朝の2、3時間以外にまとまった勉強時間はとれません。

これは今後も変わることはないので
マイペースに年一科目づつやっていくことになるでしょう。

とりあえず受かれば何でもいいとは思ってないので
法人、所得、消費が勉強したいですね。

そんなわけで9月から法人税法をやると思います。

で、12月に不合格だったら簿記論に切り替えようかなと。



今回の試験で学んだことをメモ。

年にたった一度の本試験で
たくさんの人と試験を受けるということは
それだけで物凄い緊張とプレッシャーとなるわけです。

元々緊張しやすいタイプっていうのもありますが
事実、テンぱって電卓が思うように打てませんし、
字を書く手も震えます(笑)
周りの人が全員自分より出来そうにも見えます。

教室通学してれば
模試なんかで雰囲気慣れできる機会が多いですが
通信や独学ではそうはいきません。

そこで今年は積極的に会場模試を受けました。
これは自分の中で大きかったように思います。

また、当日は早めに会場入りして
持参した30分問題を解いてました。
少しでも雰囲気になれるためです。


次に自宅では落ち着いた快適な環境のなかで
勉強しないようにしました。(大袈裟ですが)
試験会場の狭い机と尻の痛くなる椅子がかなりのストレスになるので
それに耐性つけるためですね。

これらは今後も続けようと思います。


また、今年の簿記論に限ったことかもしれませんが
私は直前期に総合問題ばかりやらずに
メイン教材以外にも日商一級の市販の問題集を買って
個別問題を一問一問丁寧に解きました。
1級の仕訳は簿記論でやらない論点もあるからです。
結果的にこれが幸いしたような気がします。


とりあえず盆休みまではダラダラして
休み明けから9月の開講まで
総合問題でも解いて頭の回転が鈍らないようにしておこうと思います。

あとはレベルの高い受験生の知り合いがほしいことですかね。
まぁ、ここ見てる人はいないでしょうけど(笑
当方埼玉ですのでよろしければ。

2011年 税理士試験 簿記論

前回の更新からかなり間が空きました。


61回税理士試験を受験した方、お疲れ様でした。

自分も予定通り簿記論を受験してまいりました。


感想はー、
自分は東京の五反田TOCで受けたのですが
前後左右の人とも適度に間隔があって
机も前後に幅があって、良かった!
来年度以降も大学やめてこっちにしてほしいですね。


じゃなくて、試験の感想。

ボリュームが少なかった。につきます。

20ページオーバーの問題を想像していたのですが

まさかの15ページ。


緊張でどうしようもなかったのですが

第一問の問1から簡単な仕訳だったのですぐに解答欄に書き込めたことで

落ち着きを取り戻すのにそれほど時間がかかりませんでした。


100分くらいで一通り解いたので

見直しもせずに計算用紙に自己採点のために解答を写すという危険な作業をしてきました。

見直しすればもう少し点伸ばせたかもです(笑


自己採点の結果は

O基準で21-15-36
T基準で21-16-37

んー、どうなるでしょうね。

自分でこの点数取れるくらいなんで
12月まで確信は持てないですね。。。


自分の学習環境2

前回の続きです。

そこでこの事情を逆手にとって

子供が寝ないなら

いっそ一緒に寝てしまって

自分が早起きする方法を選びました。

ズバリ10時前就寝の4時起床ですW

早朝勉強法ってやつですかね。

これで出勤準備までの3時間弱

誰に邪魔されることなく勉強できるわけです。

でも最初は変な時間に眠くなるわで

リズムが整うまで大変でしたが

慣れると夜中に疲れた目をこすりながら

勉強するよりも効率がいいことが解りました。

同じような環境の方がいらっしゃいましたら

ぜひ試してください。

こうして一年間早朝勉強で簿財をやりました。



自分の学習環境1

第60回の試験は

簿財を受けました。

Oの通信講座で1年みっちりやりました。

きつかったですねー。

出費がW

・・・いや、実際、受講料もきつかったですが、

勉強時間捻出するのが大変でした。

受講相談のときも

小さい子供いて、働いてて

2科目同時は厳しいといわれました

同じような環境の方多いんじゃないでしょうかね?

でも私の場合、

簿記1級を勉強して間もないこと

つまり完全な初学者ではないことから

簿記論の負担はある程度減るはずと考えての受験です。

でも、そこはやはり舐めてかかると

いい結果なんて出るわけありませんから

まとまった勉強時間をどう確保するか考えました。

うちは共働きなので、家事を丸投げできない事情もあり

最初は夜中、子供を寝かしつけてからやっていたのですが

親が起きていると寝ないのと

寝かしつけても自分も一緒になって寝落ちしてしまうのとで

なかなかうまくいきませんでした。

やる気はあるのに目覚めたら朝だったてのは

切ないもんがありましたねW

また、夜中に根つめても

次の日の仕事に支障が出るので

長期的な勉強に

夜の勉強というスタイルは合わないことが

わかりました。


Appendix

プロフィール

あすと

Author:あすと
超不定期更新中。

働きながら官報合格を目指します。

受験記録
60回 簿記論A 財表合格
61回 簿記論受験 結果待ち
62回 法人税法の予定

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
9420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1534位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索